こんにちは。関野です。

このブログでは【四十肩、五十肩の原因&改善方法】を解説しています。

 

このブログを最後まで読むことで、、、

・四十肩、五十肩の痛みの原因

・四十肩、五十肩の改善方法

を学ぶことができます。

 

四十肩を改善することで

・痛みからの解放

・日常生活の平常化

・好きな趣味ができるようになる

このようなメリットがあります。

 

ぜひ、最後までご覧ください。

早速始めていきましょう!!

四十肩、五十肩とは!?

まず、四十肩、五十肩の解説をします。

四十肩、五十肩とは?何なのかと言うと、、、

そもそも肩関節は、筋肉や靭帯、滑液包(動きを良くする液の袋)、腱板(関節を安定させる筋肉)といった様々な組織が正常に動くことで、安定した動きを作り出しています。

それらの変性や炎症などで、肩の痛みや動きの制限を引き起こすもので、40歳から60歳までに集中することから、一般的に「四十肩・五十肩」と呼ばれています。

 

四十肩、五十肩は俗称で正式名称は「肩関節周囲炎」と言います。

 

痛む箇所は人それぞれ違います。

・肩の前側

・肩の後ろ側

・肩の真ん中

この辺りが多いのではないでしょうか?

 

痛む箇所が違う理由は痛みを引き起こしている部位がそれぞれ違うからです。

滑液包が四十肩、五十肩の痛みの原因!?

肩の真ん中の四十肩が痛んでいる場所、原因ですが、

肩の真ん中の痛みの原因になりやすいのは「肩峰下滑液包炎」というものです。

 

耳慣れない言葉だと思います。

キーワードになるのが滑液包かと思います。

 

滑液包を簡単に言うと、、、

関節を動かすには潤滑剤として滑液があります。

その滑液が入っている袋だと思ってください。

 

肩峰下というのは肩の場所の名称です。

肩峰の下にある滑液包が痛んでいるということです。

 

この「肩峰下滑液包炎」は肩を動かす腱板(けんばん)が摩擦を繰り返し受けたりして傷つい

て痛くなります。また、挙上により痛みが増すのが特徴です。

また、肩を動かす腱板に負担がかかっているのは肩関節に不具合が生じているからです。

四十肩、五十肩を改善させるためには!?

肩関節は上腕骨と肩甲骨で形成されている球関節です。

上腕骨と肩甲骨に多少の隙間があることでスムーズに動くのですが、四十肩の人は隙間がよろしくないです。

 

全体的に圧が高まっていたり、部分だけ圧が高かったり、低かったりで、、、不具合を生じています。

だから、この上腕骨と肩甲骨のバランスを整えることで肩はスムーズに動かすことができます。

 

今回のセルフケアは上腕骨と肩甲骨のバランスを整えて四十肩を改善する方法になります。

四十肩、五十肩のセルフケア

セルフケア方法を文章で伝えるのは難しいので、動画を撮影しました。

こちらの動画をご覧いただいて実践してみてください。

まとめ

いかがでしたか?

やり方自体はシンプルで簡単かと思いますが、同時に動かすのは練習が必要かもしれません。

始めはゆっくりで構わないので練習してください。

 

慣れてくるとリラックスした状態でできるようになります。

力の抜けた状態で行うとより効果が高くなりますので、繰り返し行ってみてください。

 

四十肩は非常につらい症状ですよね。

四十肩を改善することで

・痛みからの解放

・日常生活の平常化

・好きな趣味ができるようになる

このようなメリットがあります。

 

それでは今回のブログは以上になります。

ではでは、また次回。

 

PS.

YuuTubeで健康や美容情報を配信しています。

ぜひぜひ、こちらもご覧ください。

チャンネル登録お願いします!!

↓↓↓

YouTube整体師 関野チャンネル

 

 

おすすめの記事