こんにちは。関野です。

今回のブログは【肋骨を広げて呼吸が深くなる肋間筋のセルフケア】について解説します。

 

今メディアで深呼吸で痩せる、とか、楽になりました、リラックスできます

って紹介されることが多くなってきました。

 

これって呼吸が深い、浅くない人が前提の話しになっています。

 

実際に呼吸が浅いと、

・代謝が悪くなるので痩せにくい

・体温が下がって冷え性になる

・酸素と二酸化炭素に交換ができなくて疲れが溜まりやすくなる

こんな状態になります。

 

今回のブログを最後まで見ることで

肋骨を広げて呼吸が深くなる肋間筋のセルフケアを学ぶことができます。

 

ぜひ最後までご覧いただいて実践してください。

それでは始めていきましょう。

○○筋が原因で呼吸が浅くなる!?

ではでは、動画をご覧いただいている方、一度深呼吸をしてみてください。

 

深呼吸できていますか?

 

でも、できていると思っていてもできていない人がほとんどです。

 

なぜかと言うと、、、

深呼吸をするための筋肉がガチガチになっているからです。

 

筋肉がガチガチになっていると肋骨は広がらないです。

 

肋骨が広がらないと、肺も広がらないので空気が入らないですよね。

 

これが原因で様々な症状を引き起こします。

 

瞑想でも呼吸法を大事にしていますよね。

 

でも、実際にメディアのやり方をマネしても大抵浅い呼吸になっています。

その通りにやっても効果が出ない体になっているんですよね。

 

呼吸が浅いから、求めている深呼吸までできていない。

 

だから思うような効果が得られなかったりします。

 

ポイントになる筋肉はどこかと言うと「肋間筋」になります。

 

肋骨と肋骨の間に存在する筋肉です。

 

呼吸が浅い人はこの肋間筋がガチガチになっているケースが多いです。

 

肋間筋がガチガチになると、、、

肋骨が広がらないです。

 

肋骨が広がらないと、、、

肺が広がらないです。

 

肺が広がらないと、、、

呼吸が浅くなります。

 

呼吸が浅くなると、、、

自律神経が乱れたり、疲れが取れなかったり、疲れやすくなります。

代謝も落ちるので、痩せるはずの深呼吸ができなくなっています。

 

まさに負の連鎖です。

今日のブログでこの肋間筋を緩めて、しっかり呼吸ができる体になってもらいます。

肋間筋のセルフケア方法

それでは肋間筋のセルフケアを紹介します。

セルフケア方法と効果の実感をするためのビフォーアフターは動画でぜひご覧ください。

まとめ

ここまでいかがでしたか?

変化を実感できましたか?

 

変化が出た人は硬くなっていたということで、、、

 

このように呼吸が深くなることで、、、

・代謝が上がるのでダイエット効果が高くなる

・血行の流れが良くなるので体温が上がり免疫力がUPする

・冷え性の改善

・緊張しにくくリラックスできる体になる

・疲れにくい体になる

このようなメリットがありますので、ぜひ継続してやってみてください。

 

ではでは、また次回。

 

 

PS.

YuuTubeで健康や美容情報を配信しています。

ぜひぜひ、こちらもご覧ください。

チャンネル登録お願いします!!

↓↓↓

YouTube整体師 関野チャンネル

おすすめの記事