はい、さんちゃ整体院の関野です。

今日は「自律神経の不調を解消する、肋骨とお腹のストレッチ」を紹介します。

 

ブログでもセルフケアを紹介しますが、動画でも配信していますのでチェックしてみてください!!

 

それでは今回のセルフケアのポイントを解説します。

初めに筋肉を弛ませた状態で指や手を当てて、そこからストレッチをしていきます。

これがポイントです。

 

指や手を当てた状態でストレッチをすることで、何もせずにストレッチをするよりも、しっかり筋肉を伸ばすことができます。

このポイントを意識してセルフケアを実践してみてください。

 

日常生活で脇腹やお腹って中々動かさないんですよね。

動かさないでいると肋骨がガチガチに硬くなって肋骨の動きが悪くなります。

肋骨が固まってしまうと、首こり、肩こり、腰痛といった症状につながってきます。

 

後は自律神経の問題にもつながります。

肋骨が硬くなるほど呼吸が浅くなるので、体はリラックスできなくなります。

つまり、体の疲れが取れないまま、日常生活を送ることになります。

 

なので、今回のセルフケアを実践していただくと肋骨や胸郭全体が柔らかくなります。

そうなると呼吸がしやすくなります。

副交感神経が働きやすい体になります。

 

いつも体に力が入っている人はぜひ、この後のセルフケアを継続して実践してください。

セルフケア前のビフォーチェック

まずは体のチェックからやっていきます。

脇腹を触っていきます

この時の脇腹の硬さ、ツッパリ感をチェックします。

後、体を捻って、捻りやすさをチェックします。

どこまで体を捻ることができるか、捻った時のツッパリ感もチェックします。

 

後は体を横に倒します。

この時の倒しやすさとツッパリ感、これもチェックしておいてください。

 

セルフケアをやった後にもう一度チェックしていきますので、覚えておいてください。

腹斜筋ストレッチ

はい、それではまず初めに脇腹の筋肉、腹斜筋をストレッチしていきましょう。

今回ストレッチする範囲は、肋骨の下から骨盤の上の範囲です。

この範囲が伸びているか確認しながら行ってください。

やり方を説明します。

右からやりましょう。

体を右に倒します。

そしたら、親指を肋骨の下の脇腹に当てます。

親指を当てたまま、反対側に体を倒します。

で、戻す。

これで1回です。

この動きを3回繰り返します。

 

3回繰り返したら、指を下にずらします。

肋骨と骨盤の中間くらいですね。

ここに親指を当ててください。

で、体を3回倒す。

 

そしたら、親指をまた下にずらします。

今度は骨盤の上の脇腹です。

指を当てたら3回体を倒します。

これで片側完了です。

体を3回倒すだけなんですけど、上、真ん中、下と3箇所行います。

それでは一緒にやっていきましょう。

 

上から行きます。

まず、体を右に倒します。

倒したら肋骨下の脇腹に親指を当てます。

親指を当てたまま、体を反対に倒します。

で、戻す。

 

後、2回行きますよ。

2、、、、

3、、、、

OKです。

 

そしたら、親指を下にずらして、今度は中間ですね。

体を倒して親指を当てる。

当てたまま3回体を倒します。

 

1、、、

2、、、

3、、、

はい、OKです。

 

最後に骨盤の上行きますよ。

体を倒して親指を下にずらします。

当てたまま体を3回倒します。

行きますよー。

 

1、、、

2、、、

3、、、

はい、OKです!!

 

次に反対の左側もやっていきます。

やり方は右と同じです。

上、真ん中、下の脇腹に親指を当てます。

 

それでは上から行きますよ。

今度は体を左に倒して親指を当てます。

肋骨の下ですよ。

当てたら体を右に倒します。

 

1、、、

2、、、

3、、、

 

はい、そしたら真ん中に親指をずらします。

いいですかー行きますよー。

 

1、、、

2、、、

3、、、

 

はい、最後に骨盤の上ですね。

親指をずらして、いいですかー行きますねー。

 

1、、、

2、、、

3、、、

はい、OKです。

これが腹斜筋のストレッチです。

前鋸筋ストレッチ

次のストレッチは前鋸筋という筋肉をストレッチします。

前鋸筋は肩甲骨の外側から肋骨にベターっとついている筋肉です。

この筋肉が硬くなると肋骨の動きが悪くなるのでしっかり柔らかくしましょう。

それではやり方を紹介します。

右から行きますね。

右の腕をパンチするように伸ばしてください。

 

ポイントなんですけど、

ただ腕を伸ばすのではなくて、ここからもう一伸びできますよね。

ここまで伸ばすと前鋸筋が動くので、最大まで伸ばすようにしてください。

 

ここまで伸ばしたら反対の手で肩甲骨の外側から肋骨までベターっと触ります。

触ったら少し前に手をずらします。

これでセット完了です。

このままのばした腕を後ろに引きます。

で、また伸ばす。

これで1回です。

この動きを10回行っていきます。

 

それでは一緒にやっていきましょう。

まず、右腕を最大に伸ばします。

左手をベターっと肋骨に触ります。

そしたら手を前に少しズラしてくださいね。

OKですか?

 

そしたら腕を後ろに引きます。

で、戻す。

OK、そしたら後9回いきますよ。

2、、、

3、、、

4、、、

5、、、

6、、、

7、、、

8、、、

9、、、

10、、、

はい、OKです。

 

そしたらそのまま左側もやりましょう。

左腕を最大に伸ばして、右手を肋骨にベターっと触ります。

右手を前に少しズラして準備OKです。

そしたら10回やっていきましょう。

行きますよー。

 

1、、、

2、、、

3、、、

4、、、

5、、、

6、、、

7、、、

8、、、

9、、、

10、、、

はい、OKです。

これが前鋸筋のストレッチです。

横隔膜ストレッチ

はい、そしたら最後に横隔膜のストレッチをやっていきましょう。

横隔膜は肋骨の下にベターっと張り付いている筋肉です。

この横隔膜を最後に柔らかくしましょう。

 

横隔膜は息を吐くと緩んで、息を吸うときに縮む働きがあります。

なので深呼吸をしてストレッチをします。

この時に横隔膜に指を当てて深呼吸をしてもらいたいので、横隔膜の触り方を説明します。

まず、肋骨全体に手をベターっと当てて、下に手を滑らせます。

肋骨の下に指がきたら、肋骨の中に指を入れるように、指を曲げてお腹に刺していきます。

この時に体を少し丸めるとお腹に指が入りやすいので、体を丸めながら行ってみてください。

 

お腹に指が入ったら後は深呼吸を10回するだけです。

それでは一緒にやっていきましょう。

 

まずは、息を吐きます。

ふーっと吐いてください。

吐き切ったら今度は息を吸います。

で、また吐く、、、。

これで1回です。

後9回深呼吸しましょう。

2、、、

3、、、

4、、、

5、、、

6、、、

7、、、

8、、、

9、、、

10、、、

はい、OKです。

これが横隔膜のストレッチです。

セルフケア後のアフターチェック

はい、お疲れ様でした。

それではもう一度脇腹のチェックをしていきましょう。

 

まず脇腹を触って、硬さやツッパリ感をチェックします。。

セルフケアを実践してもらうと、ウエストのくびれも出てきていると思います。

 

後は体を捻った時の動かしやすさやツッパリ感に変化が出ていると思います。

体を横に倒してもらって、これも動かしやすさとツッパリ感が変わっていると思います。

今日のまとめ

はい、お疲れ様でした。

今日は肋骨や脇腹のストレッチを中心に紹介しました。

 

結果として大きく変わるのは「呼吸のしやすさ」です。

呼吸が深くなれば体はドンドン健康になります。

疲れが取れないとお悩みであれば、継続して実践してみてください。

 

今日のセルフケアは動画で配信しています。

文字で見るよりも分かりやすいと思いますので、動画を見ながら実践してください!!

おすすめの記事