はい、さんちゃ整体院の関野です。

今日は「股関節のズレを改善してつまりや違和感を解消する方法」を紹介します。

 

今日のセルフケアを実践することで、

・股関節のつまりや違和感が解消したり、

・股関節の痛みが改善したり、

・足が軽くなって歩きやすくなったりします。

 

今日のセルフケアは動画でも公開していますので、動画もチェックしてください!!

 

まず、このブログを見ている方には「なぜ股関節や鼠蹊部につまり感が出てしまうのか!?」という理由を知ってもらいたいです。

 

理由として大きいのが「日常生活で股関節を使う動きが少ない」ことが原因として大きいです。

股関節を使う動きが少なくなると、股関節を曲げる筋肉や股関節を外にねじる筋肉が固まってしまうんですよね。

 

この筋肉が固まってしまうと、股関節にズレが生じて、そのことでつまり感を感じるようになります。

これを解消するためには、股関節を曲げる筋肉や股関節を外にねじる筋肉を柔らかくして、股関節のズレを解消する必要があるんです。

 

ここまで理解できたらセルフケアを一緒にやっていきましょう。

セルフケア前のビフォーチェック

まずセルフケアを始める前に股関節のチェックをしましょう。

股関節の動きやつまり感をチェックします。

仰向けで寝ていただいて、膝を持ち上げて股関節のつまり感をチェックしましょう。

 

まずは右膝を真っ直ぐ持ち上げます。

膝を胸に近づけるように持ち上げてください。

で、この時の股関節のつまり具合や違和感をチェックします。

 

そしたら反対の左膝も同様に行います。

真っ直ぐ膝を胸に近づけるように持ち上げてください。

つまりや違和感、後、動かしやすさもチェックします。

 

次に膝を内側に入れた状態で膝を持ち上げます。

右からやりますね。

右膝を内側に倒した状態で足を持ち上げます。

これで股関節のつまりや違和感、動かしやすさをチェックします。

 

今度は左足です。

左膝を内側に倒した状態で足を持ち上げてください。

つまりや違和感、動かしやすさをチェックしてください。

 

はい、チェックは以上になります。

セルフケア実践後ももう一度確認するので、今のチェックの感覚を覚えておいてください。

大腰筋アプローチ

それでは今回はセルフケアを3つ紹介します。

まず最初のセルフケアはお腹の大腰筋を柔らかくします。

やり方を説明しますね。

 

右からやりますね。

仰向けで寝て右膝を立てます。

そうしたら右のおへその横に指を当てます。

 

この時に両手を重ねて指を当てます。

で、力を抜いてお腹の筋肉を弛ませた状態で、グーっと指をお腹に沈めるイメージです。

力で押すのではなくて、ゆっくり沈める感じです。

指が止まるところまで沈めます。

沈めました?

これでセット完了です。

 

後は足を伸ばして戻すを3回繰り返します。

足を動かすことで大腰筋にアプローチするんですけど、当てている手の圧は緩めないでくださいね。

圧を加えたまま足を動かします。

これがポイントです。

 

そしたらやっていきましょう。

まずはセットをします。

膝を立てて、おへその横に指を当てます。

力を抜いて、指を沈めていきます。

セットができたらやっていきますよー

後は足を伸ばして、、、戻す、、、これを3回繰り返します。

後2回ですね。

2、、、

3、、、

OKです。

これだけです。

 

次に違う動きをしていきます。

今は膝を持ち上げる動きでしたけど、今度は内側と外側に倒す動きを行います。

 

指を当てる位置は同じです。

足の動かし方が違うだけです。

なので、このまま流れでやっていきますよ。

 

両手を重ねておへその横に指を当てます。

力を抜いて、指を沈めていきます。

セットができたらやっていきますよー。

 

足を内側に倒す、、、倒したら今度は外側に倒す、、、これを3回繰り返します。

後2回行きますよ、、、

2、、、

3、、、

はいOKです。

 

そしたら反対の足もやっていきましょう。

今度は左足ですね。

左膝を立てます。

左のおへその横に指を当てて、力を抜きます。

そしたら指が沈みやすくなりますから。

 

沈みました!?

その圧をキープしてくださいね。

そしたら足を動かしていきましょう。

行きますよ。

 

1、、、

2、、、

3、、、

はい、OKです。

 

今度は内側と外側に倒す動きです。

両手を重ねておへその横に指を当てます。

力を抜いて、指を沈めていきます。

これで内側、外側と倒していきます。

セットができたらやっていきますよー。

行きますよー。

 

1、、、

2、、、

3、、、

はいOKです。

これが大腰筋のセルフケアです。

腸骨筋アプローチ

次は腸骨筋にアプローチしていきます。

腸骨筋は骨盤の腸骨という骨についている筋肉です。

触り方を説明しますね。

まず骨盤の前のポコってなった骨を触ってください。

触りました!?

そしたら指を骨盤の内側に這わすよう奥に指を入れていきます。

これも止まるところまで指を入れていきましょう。

 

で、後はさっきの大腰筋と同じです。

仰向けで足を動かしていきます。

そしたらやっていきますよ。

 

はい、仰向けで寝て膝を立てます。

右からやるので右膝を立ててください。

 

そしたら骨盤の前の骨を触ります。

そのまま骨に這わせながら内側に指を入れていきます。

 

これでセット完了です。

できましたか?

後は足を動かすだけです。

最初は足の曲げ伸ばしからやります。

3回やりますよ。

じゃあ、行きますよ。

 

1、、、

2、、、

3、、、

はいOK。

 

次に足を内側と外側に倒します。

もう一度指のセットを確認して、、、そしたら3回動かします。

行きますよ。

 

1、、、

2、、、

3、、、

はい、OKです。

 

じゃあ、今度は左足をやります。

セットからですね。

左膝を立ててください。

 

骨盤の前の骨から指を内側に入れていきます。

はい、OKですね。

 

この指の圧は緩めないでくださいね。

そしたら3回いきますよ。

まずは足の曲げ伸ばしです。

行きます。

 

1、、、

2、、、

3、、、

はいOK。

 

そしたら内側と外側に倒します。

3回行きますよ。

行きます。

 

1、、、

2、、、

3、、、

はい、OKです。

これが腸骨筋のアプローチです。

殿筋アプローチ

そしたら最後にお尻の筋肉にアプローチします。

お尻の筋肉も硬くなると、足を持ち上げた時に突っ張ってしまって、股関節のつまりの原因になったりします。

このセルフケアで柔らかくしていきます。

 

やり方は基本さっきと同じですけど、手を当てる位置が違うので、そこから説明します。

今度は手をグーにして、お尻の外側に当てます。

仰向けでやるんですけど、手の位置を確認してくださいね。

真ん中に仙骨という骨があるんですけど、ココじゃないですからね。

 

仙骨の外側に手を当てる。

これがこのセルフケアのポイントなので手の位置はしっかり確認してください。

 

そしたら、やっていきますよ。

仰向けで寝ていただいて、右からやるので右膝を立てます。

お尻を少し浮かして、グーにした手を挟んでください。

 

挟みましたか!?

そしたら後は足を動かすだけです。

また、伸ばしたり、倒したりします。

まずは足を伸ばしていきましょう。

3回行きますよ。

いいですか、行きますよ。

 

1、、、

2、、、

3、、、

はいOk。

 

次に足を内側外側に倒します。

手の位置は変わりません。

お尻の外側に手を当てたまま足を倒します。

それでは行きますよ。

 

1、、、

2、、、

3、、、

はいOKです。

 

今度は左の足をやっていきますよ。

左膝を立てます。

お尻を少し浮かして、グーにした手を挟んでください。

OKですか!?

 

まずは足を伸ばしていきましょう。

3回行きますよ。

いいですか、行きますよ。

 

1、、、

2、、、

3、、、

はいOK。

 

今度は足を内側外側に倒します。

手の位置を確認してください。

お尻の外側に手を当てたまま足を倒します。

それでは行きますよ。

 

1、、、

2、、、

3、、、

はいOKです。

これが殿筋のアプローチになります。

セルフケア後のアフターチェック

はい、セルフケアを実践したら、もう一度股関節の動きをチェックしましょう。

まずは股関節を真っ直ぐ持ち上げます。

つまり感や動かしやすさを確認してください。

今度は膝を内側にした状態で股関節を持ち上げます。

これもつまり感や動かしやすを確認します。

 

最初よりも動かしやすかったり、つまり感がなくなっていると思います。

変化が少しだけでも繰り返しやることで、もっと効果が出るようになりますので継続して実践してみてください。

今日のまとめ

今日の話しをまとめていきます。

今日は股関節のズレやつまりを解消するセルフケアを中心に紹介しました。

 

で、大腰筋、腸骨筋、お尻の筋肉は股関節のつまりとめちゃくちゃ関係している筋肉です。

この筋肉を柔らかくすることで、股関節を正しく動かせるようになりますので、今回のセルフケアを参考にしてみてください。

 

今日のセルフケアは動画でも解説しています。

動画も見ながら実践してくださいね!(^^)!

 

それでは、次回のブログでお会いしましょう!!

おすすめの記事