はい、さんちゃ整体院の関野です。

今日は「ストレートネックを改善して首こり、首の痛みを解消する方法」を紹介します。

 

今日のセルフケアを実践することで、

・ストレートネックが改善したり、

・首こり、首の痛みが解消したり、

・猫背が改善して姿勢が良くなります。

 

ちなみにセルフケアはブログでも紹介しますが、動画でも解説していますのでご覧ください。

 

今回伸ばす筋肉は「首の前側の筋肉」が中心です。

この首の前側の筋肉は日常生活で伸ばすことはほとんどないんですよね。

 

筋肉って使わないでいると、ガチガチに硬くなっちゃうんですよ

首の前の筋肉が硬くなると、頭を前の方に引っ張ってしまって、首の湾曲がなくなってストレートネックになるんですよね。

 

ストレートネックになると、首の後ろ側の筋肉が今度は引っ張られて硬くなります。

そうなると首こりや首の痛みにつながってしまいます。

 

今日のセルフケアで首の筋肉をしっかり伸ばすことで首の症状は改善されるし、予防につながると思います。

それでは始めていましょう!!

セルフケア前のビフォーチェック

セルフケアを始める前に首の動きをチェックしましょう。

まず天井を向きます。

これでどこまで見えるか。

首の動く角度をチェックするのと、首の動かしやすさをチェックしてください。

 

セルフケアを実践後にもう一度チェックするので、角度と動かしやすさを覚えておいてください。

胸鎖乳突筋ストレッチ

今日のセルフケアですけど3つ紹介します。

筋肉に対するセルフケアです。

どの筋肉が硬くなってもストレートネックになってしまうので、3つ全てやっていきましょう。

 

筋肉の付着部に触りながらセルフケアをするので、筋肉の解説も聞きながら一緒にやりましょう。

 

最初のセルフケアは胸鎖乳突筋のストレッチです。

胸鎖乳突筋は耳の下の骨、乳様突起から鎖骨と胸骨についています。

 

今回は鎖骨と胸骨に触りながらストレッチします。

まず触り方を説明します。

右で説明します。

左の手のひらを胸骨に当てます。

人差し指を鎖骨に添えます。

そしたら右手を重ねて、下に下げます。

 

これがすごく重要ですからね。

この触り方を守ってやってください。

 

鎖骨と胸骨を下に下げたら、下げたまま顔を左に振り向きます。

振り向いた時に右の首の前〜横が伸びれていればOKです。

振り向く動きは左右3回やります。

胸骨と鎖骨を下げたままですからね。

 

そしたら一緒にやりましょう。

大事なのでもう一度セットからやります。

 

左の手のひらを胸骨に当てます。

人差し指を鎖骨に添えます。

そしたら右手を重ねて、下に下げます。

Okですか?

 

そしたら左右に3回動かしていきましょう。

行きますよ。

 

1、、、

2、、、

3、、、

OKです。

そしたら反対側の左もやっていきましょう。

 

今度は右の手のひらを胸骨に当てます。

人差し指を鎖骨に添えます。

そしたら左手を重ねて、下に下げます。

OKですか?

 

左右に3回動かしていきましょう。

行きますよ。

 

1、、、

2、、、

3、、、

はい、OKです。

これが胸鎖乳突筋のストレッチです。

広頚筋ストレッチ

はい、次のセルフケアは広頚筋のストレッチです。

あまり聞かない筋肉ですよね。

首の前側の筋肉で浅い層にある筋肉です。

 

下顎骨、顎の骨から胸の上までついている筋肉です。

なので、今回は胸を触りながらストレッチします。

広頚筋は左右はないので全体のストレッチを1回でやっていきます。

触り方なんですけど、右手を鎖骨の下に置きます。

手の真ん中あたりが胸骨に当たるのが丁度いいと思います。

そしたら左手を右手の上に重ねます。

重ねたらそのまま下に下げます。

これで広頚筋にテンションがかかります。

 

このまま首を上下に3回動かすだけです。

それでは一緒にやっていきましょう。

 

もう一度セットからやります。

右手を鎖骨の下に当てて左手を右手の上に重ねます。

重ねたらそのまま下に下げます。

OKですか?

 

下げたまま首を上下に動かしますよ。

行きます。

 

1、、、

2、、、

3、、、

はい、OKです。

これが広頚筋のストレッチです。

斜角筋ストレッチ

はい、今回最後のセルフケアです。

最後は斜角筋のストレッチをやっていきます。

これも押さえながらストレッチをするので、触る場所から説明します。

 

斜角筋は首の骨の横から肋骨についています。

肋骨と言ってもデコルテにある第一肋骨、第二肋骨なので、今回はデコルテを押さえます。

右で説明します。

左手の指3本をデコルテに当てます。

指を当てたら下に軽く押します。

そしたら押したまま首を左に倒します。

これで右の首の横が伸びていればOKです。

 

どうですか?伸びてますかね??

押さえている手がズレたりすると伸びなかったりするので注意してください。

首を左右に倒す動きを3回行います。

それでは一緒にやっていきましょう。

 

もう一度セットから説明します。

左手で右のデコルテを押さえます。

そしたら押さえたまま首を左右に3回倒します。

行きますよ。

 

1、、、

2、、、

3、、、

はい、OK。

そのまま反対側もやりますよ。

 

セットのやり方は同じです。

今度は右手で左のデコルテを押さえます。

そしたら押さえたまま首を左右に3回倒します。

行きますよ。

 

1、、、

2、、、

3、、、

はい、OKです。

これが斜角筋のストレッチです。

セルフケア後のアフターチェック

はい、ストレッチが終わったらもう一度首のチェックをしていきます。

天井を見上げてください。

やる前と比べると、首の前が伸びているので、首の角度や動かしやすさは改善されていると思います。

今変化が実感できなくても繰り返し行えば必ず変化は出ます。

回数を増やすとか、明日、明後日とやってみる。

こんな感じで継続してみてください。

今日のまとめ

はい、そしたらまとめていきます。

今日はストレートネックを改善して首コリを解消するセルフケアを紹介しました。

 

ストレートネックが原因の首コリは「首の前側」がカギになります。

後ろを伸ばす前に前側の筋肉を伸ばしましょう。

 

動画でもセルフケアを解説していますので、動画を見ながら実践してください。

それでは、次回のブログでお会いしましょう!!

おすすめの記事