はい、さんちゃ整体院の関野です。

今日は「パンパンふくらはぎも細くする!腰痛解消セルフケア」を紹介します。

 

今日の動画は、

足が疲れたり、浮腫んだりしている人だったり、

体を前に倒して腰が痛い人だったり、

とにかくふくらはぎを細くしたい人におすすめです。

 

というのも、今日は「ふくらはぎ」に特化したセルフケアを3つ紹介します。

 

ふくらはぎって「第二の心臓」って言われるくらい大事な場所なんですよ。

あと、「足腰」って言うじゃないですか。

足と腰はつながっていて腰痛と深い関係があります。

 

なので、今日はふくらはぎの集中セルフケアを3つ紹介します。

ぜひ動画を見ながら一緒に実践してみてください。

 

それでは「ふくらはぎも細くする!腰痛解消セルフケア」のスタートです!!

セルフケア前のビフォーチェック

はい、セルフケアを始める前に今の体の状態をチェックします。

今回は

・ふくらはぎの硬さ

・ふくらはぎの大きさ

・腰痛の具合

この3つをチェックします。

 

まず、ふくらはぎの硬さですね。

座って膝を立てた状態で、ふくらはぎをつまみましょう。

「ギュッとつまむ」のではなく、優しくハムっとつまんで硬さをチェックします。

 

両方のふくらはぎをつまんで硬さチェックしてください。

 

次にふくらはぎの大きさです。

ふくらはぎを細くしたい人はぜひチェックしてください。

 

膝を立てた状態でチェックします。

チェックする場所はふくらはぎの一番太い部分ですね。

 

この場所を両手で覆ってください。

この時の周囲をチェックします。

 

これも両足とも確認してください。

 

最後に腰痛の具合ですね。

立った時に体を丸めて腰が痛い場合は、ふくらはぎが関係しているかもしれません。

 

立った状態で体を前に倒してみてください。

この時の腰の具合だったり、どこまで倒れるのか、この辺りを確認してください。

 

セルフケア実践後にもう一度チェックしますので、必ず今の状態を覚えておいてください。

ふくらはぎ揺らし

はい、最初のセルフケアです。

最初はふくらはぎを揺らして柔らかくします。

 

ふくらはぎの筋肉は「下腿三頭筋」と言って、ザックリ内側、外側に分かれています。

 

なので、今日はどのセルフケアも内側、外側の2箇所を行っていきます。

そしたらやり方を説明します。

右の内側からやりますね。

あぐらの姿勢になってふくらはぎの内側を触れるようにします。

 

あと、つま先を下の方向に向けてください。

これで筋肉が弛んだ状態になります。

 

つま先を上に向けると、ふくらはぎの筋肉は突っ張るので、このセルフケアの効果は下がってしまいます。

つま先を下に向けてやるようにしてくださいね。

 

そしたら、親指をふくらはぎの真ん中に当てて、ふくらはぎの内側をつかみます。

力強くつかむ必要はありません。

優しくジワーッと指の圧をかけてつかむようにしてください。

 

つかんだら左右に10秒間揺らすだけです。

 

ポイントは「ジワーッとつかむ」ことです。

力強くつかむと筋肉は反発して硬くなります。

 

柔らかーくつかむようにしてください。

それでは一緒にやっていきましょう。

 

親指をふくらはぎの真ん中にあてて、ふくらはぎを優しくつかみます。

このまま10秒間揺らしていきます。

行きますよ。

 

1、、、

 

2、、、

 

3、、、

 

4、、、

 

5、、、

 

6、、、

 

7、、、

 

8、、、

 

9、、、

 

10、、、

 

はいOKです。

今度はふくらはぎの外側を揺らします。

 

膝を内側に倒してふくらはぎの外側を触れるようにしてください。

この時つま先は下に向けます。

 

親指を真ん中に当てて、ふくらはぎの外側をつかみます。

つかみましたか?

 

10秒間揺らします。

行きます。

 

1、、、

 

2、、、

 

3、、、

 

4、、、

 

5、、、

 

6、、、

 

7、、、

 

8、、、

 

9、、、

 

10、、、

 

はいOKです。

そしたら、この流れで反対の左足をやりましょう。

膝を外に倒して、ふくらはぎの内側を触れるようにします。

 

つま先を下の方向に向けます。

筋肉が弛ませて、親指をふくらはぎの真ん中に当てて、ふくらはぎの内側をつかみます。

 

優しくジワーッと指の圧をかけてつかみます。

つかんだら左右に10秒間揺らします。

 

このまま10秒間揺らしていきます。

行きますよ。

 

1、、、

 

2、、、

 

3、、、

 

4、、、

 

5、、、

 

6、、、

 

7、、、

 

8、、、

 

9、、、

 

10、、、

 

はいOKです。

今度はふくらはぎの外側を揺らします。

 

膝を内側に倒してふくらはぎの外側を触れるようにしてください。

この時つま先は下に向けます。

 

親指を真ん中に当てて、ふくらはぎの外側をつかみます。

つかみましたか?

 

10秒間揺らします。

行きます。

 

1、、、

 

2、、、

 

3、、、

 

4、、、

 

5、、、

 

6、、、

 

7、、、

 

8、、、

 

9、、、

 

10、、、

 

はいOKです。

以上がふくらはぎ揺らしです。

ふくらはぎ摩り

はい、次のセルフケアです。

次はふくらはぎを摩ります。

 

摩ることで溜まっている老廃物が流れるのと皮膚から筋膜までの軟部組織が柔らかくなります。

それではやり方を説明します。

これも内側、外側2箇所やります。

 

右の内側からやりますね。

あぐらの姿勢になってふくらはぎの内側を触れるようにします。

つま先を下の方向に向けて筋肉を弛ませます。

 

そしたら、両手を重ねて踵を包みます。

踵から膝裏までゆっくり皮膚の上を滑らせるように10回摩ります。

 

ポイントは踵から膝裏まで丁寧に行うことです。

それでは一緒にやっていきましょう。

 

両手を重ねて踵を包み込みます。

準備はいいですか?

10回行きますよ。

 

1、、、

 

2、、、

 

3、、、

 

4、、、

 

5、、、

 

6、、、

 

7、、、

 

8、、、

 

9、、、

 

10、、、

 

はい、OKです。

そのままふくらはぎの外側を摩ります。

 

膝を内側に倒してふくらはぎの外側を触れるようにしてください。

この時つま先は下に向けます。

 

踵からふくらはぎの外側を摩ります。

行きます。

 

1、、、

 

2、、、

 

3、、、

 

4、、、

 

5、、、

 

6、、、

 

7、、、

 

8、、、

 

9、、、

 

10、、、

 

はいOKです。

そしたら、この流れで反対の左足をやりましょう。

膝を外に倒して、ふくらはぎの内側を触れるようにします。

 

つま先を下の方向に向けます。

そしたら踵からふくらはぎの内側を摩ります。

行きますよ。

 

1、、、

 

2、、、

 

3、、、

 

4、、、

 

5、、、

 

6、、、

 

7、、、

 

8、、、

 

9、、、

 

10、、、

 

はいOKです。

今度はふくらはぎの外側を摩ります。

 

膝を内側に倒してふくらはぎの外側を触れるようにしてください。

踵から膝裏まで摩ります。

 

10回摩りますよ。

行きます。

 

1、、、

 

2、、、

 

3、、、

 

4、、、

 

5、、、

 

6、、、

 

7、、、

 

8、、、

 

9、、、

 

10、、、

 

はいOKです。

以上がふくらはぎ摩りです。

ふくらはぎ叩き

はい、今回最後のセルフケアです。

最後はふくらはぎを叩いて深い筋肉まで柔らかくしていきます。

叩き方にコツがあるので説明しますね。

コツというのは両手を重ねてふくらはぎを触ります。

で、上になっている手で手を叩きます。

手を介して振動を伝えて筋肉を柔らかくします。

 

何もなく叩くよりも効果は高い叩き方です。

それでは一緒にやっていきましょう

 

右の内側からやりますね。

あぐらの姿勢になってふくらはぎの内側を触れるようにします。

 

つま先を下の方向に向けて筋肉を弛ませます。

ここまでは変わりませんね

 

そしたら、両手を重ねてふくらはぎを触ります。

硬い箇所、気になる箇所を触ればOKです。

10秒間叩くので、その都度場所を変えても構いません。

 

それでは10秒間叩きます。

準備はいいですか?

行きます。

 

1、、、

 

2、、、

 

3、、、

 

4、、、

 

5、、、

 

6、、、

 

7、、、

 

8、、、

 

9、、、

 

10、、、

 

はい、OKです。

そのままふくらはぎの外側を叩きます。

 

膝を内側に倒してふくらはぎの外側を触れるようにしてください。

この時つま先は下に向けます。

 

ふくらはぎの硬い場所に両手を当てて叩きます。

行きます。

 

1、、、

 

2、、、

 

3、、、

 

4、、、

 

5、、、

 

6、、、

 

7、、、

 

8、、、

 

9、、、

 

10、、、

 

はいOKです。

そしたら、この流れで反対の左足をやりましょう。

膝を外に倒して、ふくらはぎの内側を触れるようにします。

 

つま先を下の方向に向けます。

そしたらふくらはぎの内側を叩きます。

行きますよ。

 

1、、、

 

2、、、

 

3、、、

 

4、、、

 

5、、、

 

6、、、

 

7、、、

 

8、、、

 

9、、、

 

10、、、

 

はいOKです。

今度はふくらはぎの外側を摩ります。

 

膝を内側に倒してふくらはぎの外側を触れるようにしてください。

手を重ねて手を当てましょう。

 

10回叩きます。

行きます。

 

1、、、

 

2、、、

 

3、、、

 

4、、、

 

5、、、

 

6、、、

 

7、、、

 

8、、、

 

9、、、

 

10、、、

 

はいOKです。

以上がふくらはぎ叩きです。

セルフケア後のアフターチェック

はい、セルフケアが終わったらもう一度チェックします。

 

まず、ふくらはぎの硬さですね。

優しくハムっとつまんで硬さをチェックします。

 

初めよりも柔らかくなっていたり、指が沈む感じがあればOKです。

両方のふくらはぎをつまんで硬さチェックしてください。

 

次にふくらはぎの大きさです。

 

初めにチェックした場所を両手で覆います。

指が近づいたり、細くなっていればOKです。

これも両足とも確認してください。

 

最後に腰痛の具合ですね。

 

立った状態で体を前に倒します。

腰痛の具合が軽減したり、前に倒れやすくなっていればOKです。

今日のまとめ

はい、お疲れ様でした。

今日は「ふくらはぎも細くする!腰痛解消セルフケア」を紹介しました。

 

冒頭でも言ったように、ふくらはぎって第二の心臓と言われるくらい大事な場所なんです。

そんな大事な場所がパンパンに固くなっていて良いわけがありません。

 

太くなるし、腰も痛くなるし、疲れが取れなかったりしちゃうんですよ。

なので、今日のセルフケアを継続して健康でキレイな体をゲットしてください。

 

今日のセルフケアは動画でも紹介しています。

動画では一緒にできるように編集してあります。

良かったら動画もご覧ください。

 

ではでは次回のブログでお会いしましょう!!

おすすめの記事