はい、さんちゃ整体院の関野です。

今日は「普通のストレッチよりも効果が10倍の肩こりが解消するストレッチ方法」を紹介します。

 

今日の動画は、

・肩こりがガチガチで辛い人

・硬くて自分で揉むことができない人

・ストレッチをしても全然伸びない人

こんな人におすすめです。

今日は「普通のストレッチよりも効果が10倍高いストレッチ」を紹介します。

 

今回は肩こり解消に特化した3つのストレッチになります。

どのストレッチのやり方は簡単ですけど、効果を10倍にするポイントがあります。

ストレッチごとに解説をしますので、ぜひ最後までご覧いただいて一緒に実践してください。

 

それでは「効果が10倍の肩こり解消ストレッチ」のスタートです。

セルフケア前のビフォーチェック

はい、セルフケアを始める前に今の肩の状態をチェックしていきましょう。

今回は

・肩の動かしやす

・肩こりの辛さ

この2つをチェックします。

 

肩の動かしやすさは、

両腕をバンザイするように持ち上げて、どこまで動くのチェックするのと、

 

あとは、両腕を外から持ち上げて、どこまで動くのかチェックしてください。

この時どこまで動くのか、あとは動かしやすさを覚えておいてください。

 

肩こりの辛さですけど、これは見て分かるものではないので、今の感覚を数値化してください。

今の肩こりの辛さが「10」だとして、セルフケア実践後にいくつに下がったかをチェックしましょう。

僧帽筋ストレッチ

はい、それでは最初のストレッチです。

最初は肩こりの筋肉、僧帽筋をストレッチします。

 

コリや痛みはその場所の筋肉が柔らかくなれば症状は軽減します。

まずは辛い筋肉を柔らかくしましょう。

 

今回の紹介するストレッチのポイントは、

「固定して伸ばす」です。

そこを頭に入れて一緒にやりしょう。

 

それではやり方を説明します。

右からやります。

頭を右側に倒します。

 

倒したら左手で僧帽筋を押さえて固定します。

気持ち外に引っ張ると固定しやすいと思います。

 

そしたら、ゆっくり頭を左斜め下に倒します。

これで右の首から肩が伸びていればOKです。

 

で、戻す。

また、伸ばす。

 

これを10回行います。

あと9回です。

行きますよ。

 

2、、、

 

3、、、

 

4、、、

 

5、、、

 

6、、、

 

7、、、

 

8、、、

 

9、、、

 

10、、、

 

はい、OKです。

次に左側です。

 

頭を左に倒します。

右手で左の僧帽筋を固定します。

 

固定できましたか?

そしたら右斜め下に頭を倒します。

10回行きます。

 

1、、、

 

2、、、

 

3、、、

 

4、、、

 

5、、、

 

6、、、

 

7、、、

 

8、、、

 

9、、、

 

10、、、

 

はい、OKです。

以上が僧帽筋のストレッチです。

大胸筋ストレッチ

はい、次は大胸筋のストレッチです。

肩こり解消のストレッチですけど、大胸筋をやります。

 

大胸筋が硬くなると肩が前に引っ張られてしまいます。

そのことで肩こりになってしまいます。

 

なので、肩こり解消のためには大胸筋もすごく大事なんです。

一緒にやっていきましょう。

 

やり方を説明します。

右からやります。

右腕を内側に位置します。

そしたら左手を鎖骨の下に当てます。

少し手を体の中心に引っ張ります。

これで大胸筋が固定されます。

 

そしたら、右腕を大きく外に広げます。

斜め上に持ち上げるイメージです。

 

また、内側に戻して外に広げます。

これを10回行います。

 

それでは一緒にやっていきます。

左手で大胸筋を固定して10回ストレッチします。

行きますよ。

 

1、、、

 

2、、、

 

3、、、

 

4、、、

 

5、、、

 

6、、、

 

7、、、

 

8、、、

 

9、、、

 

10、、、

 

はい、OKです。

そのまま左側をやります。

 

左腕を内側にして、右手で大胸筋を固定します。

そしたら10回やりますよ。

行きます。

 

1、、、

 

2、、、

 

3、、、

 

4、、、

 

5、、、

 

6、、、

 

7、、、

 

8、、、

 

9、、、

 

10、、、

 

OKです。

以上が大胸筋のストレッチです。

肩甲下筋ストレッチ

はい、今回最後のストレッチです。

最後は肩甲下筋のストレッチです。

 

肩甲下筋は肩甲骨の裏側から腕の骨についている筋肉です。

この筋肉も硬くなると肩は巻き込まれて、これも前に引っ張られてしまいます。

 

肩こりに関係する筋肉だと思ってください。

 

それではやり方を説明します。

右からやります。

右腕を持ち上げて手をダランと下げます。

そしたら、左手の親指を脇に差し込んでつかみます。

これで肩甲下筋が固定されています。

 

固定したまま右腕をバンザイするように持ち上げます。

持ち上げたら、また腕をダランと下げます。

 

これを10回繰り返します。

OKですか?

 

そしたら、肩甲下筋を固定して10回行きますよ。

 

1、、、

 

2、、、

 

3、、、

 

4、、、

 

5、、、

 

6、、、

 

7、、、

 

8、、、

 

9、、、

 

10、、、

 

OKです。

今度は左側です。

 

まず左腕を持ち上げてダランとさせます。

それから肩甲下筋を固定ですらね。

 

固定できました?

そしたら10回やります。

行きます。

 

1、、、

 

2、、、

 

3、、、

 

4、、、

 

5、、、

 

6、、、

 

7、、、

 

8、、、

 

9、、、

 

10、、、

 

はい、OKです。

以上が肩甲下筋のストレッチです。

セルフケア後のアフターチェック

はい、セルフケアが終わったらもう一度、肩の状態をチェックします。

 

肩の動かしやすさをチェックします。

両手をバンザイするように持ち上げます。

 

最初よりも上がっていればOKです。

 

今度は外側から腕を持ち上げます。

これも上がりやすくなっていると思います。

 

次に肩こりの程度ですね。

セルフケアをやる前が「10」だったのが、今はどれくらいに下がったのかチェックしてください。

 

自分の感覚でいいので確認します。

これが「0」になれば、もちろん最高ですけど、「9」だったとしても、変化は出ています。

 

今回はそうだったとしても、繰り返し行えば段々肩こりは楽になります。

継続して実践してみてください。

今日のまとめ

はい、お疲れ様でした。

今日は「肩こりが解消するストレッチ方法」を紹介しました。

 

今回のストレッチは「止めて、伸ばす」これが最大のポイントです。

 

このやり方だと普通にストレッチやるよりも効果はメチャクチャ高くなります。

ぜひ動画を繰り返しみて真似してみてください。

 

今日のセルフケアは動画でも紹介しています。

動画では一緒にできるように編集してあります。

良かったら動画もご覧ください。

 

ではでは次回のブログでお会いしましょう!!

おすすめの記事