はい、さんちゃ整体院の関野です。

今日は「自分でできる骨盤矯正の完全版」を紹介します。

 

今日のセルフケアは、

自分の骨盤が歪んでいると思っている人

腰痛やお尻の痛みで悩んでいる人

とにかく体を健康にしたい人

におすすめの内容です。

 

骨盤は体の土台なので骨盤が歪んでいれば、絶対に全身歪みます。

今日は超簡単に、自分で骨盤の歪みを矯正するやり方を紹介します。

 

この後セルフケアを紹介しますので一緒に頑張っていきましょう。

それでは「自分でできる骨盤矯正」、スタートです!!

ビフォーチェック

はい、セルフケアをやる前に、今の自分の骨盤の状態をチェックしましょう。

今日のチェックポイントは3つです。

・足の長さ

・腰の捻りの左右差

・太ももの上がり具合

この3つをチェックします。

まず足の長さをチェックします。

座った状態で足の左右の長さを確認します。

 

この時左右の長さが同じであればOKです。

ですが、左右の足の長さが違う場合は骨盤が歪んでいる可能性が高いです。

次に腰の捻りですが、仰向けで寝てください。

両膝を立てて膝を横に倒します。

左右両側に倒してくださいね。

この時に同じくらいに倒れて、かつ、腰に痛みがなければOKです。

左右差があったり、腰が痛ければ骨盤が歪んでいるかもしれません。

 

最後に太ももの上げ具合ですけど、

寝たまま膝を胸に近づけるように持ち上げます。

膝が胸につくぐらい近づけばOKです。

膝が胸につかなければ骨盤が歪んでいるかもしれません。

セルフケア後にもう一度チェックしますので、今の状態を覚えておいてください。

骨盤捻り

はい、最初のセルフケアです。

最初は骨盤を捻って骨盤の歪みを整えます。

 

このセルフケアは股関節を動かしていきます。

股関節は骨盤と太ももの骨で形成されています。

股関節を動かすことで骨盤の歪みも整います。

 

このセルフケアのポイントは骨盤に当てる手の位置です。

このポイントを間違えると意味がなくなるので、

しっかりと説明を聞いてください。

 

骨盤は真ん中に仙骨、両サイドに寛骨という骨で形成されています。

手を当てる位置は寛骨になります。

真ん中の仙骨じゃないですからね。

 

「お尻の外側」だと思ってください。

お尻の外側に手の甲を当ててセルフケアをやっていきます。

 

ここまでいいですかね!?それではやり方を説明します。

 

仰向けになって、お尻の外側に手の甲を当てます。

そしたら両膝を立てましょう。

90度くらいの角度で立てます。

 

そしたら、左右に膝を外に10回倒します。

これだけです。

 

腰が痛い人は無理のない範囲まで倒すようにしてください。

それでは左右に10回倒していきましょう。

行きます。

1、、、

2、、、

3、、、

4、、、

5、、、

6、、、

7、、、

8、、、

9、、、

10、、、
はい、OKです。

以上が骨盤ひねりになります。

骨盤揺らし

はい、次のセルフケアです。

次は骨盤を揺らして歪みを整えます。

 

このセルフケアは超簡単です。

先程と同じく、お尻の外側に手を当てて骨盤を左右に揺らすだけです。

 

これも手を当てる位置が重要なので、間違えないでください。

お尻の外側ですよ。

そしたらやり方を説明します。

仰向けで寝ましょう。

 

そしたらお尻を少し浮かせて、お尻の外側に手の甲を当てます。

当てましたか?

そしたらお尻を左右に揺らしていきます。

行きます。どうですか?

 

ちゃんと揺らせていますか?

力を抜いてリラックスすると、揺らしやすいと思います。

深呼吸をしながらやるとやりやすいと思います。

 

力を抜いて、、、

息を吸って〜

吐く〜

そうそう、そんな感じです。

 

これは振動で骨盤の歪みを整えています。

揺れている振動が手を介して骨盤に伝わっています。

30秒〜1分くらいを目安に行ってください。

 

はい、OKです。

以上が骨盤揺らしになります。

骨盤リフト

はい、今回最後のセルフケアです。

最後は骨盤を持ち上げて歪みを整えます。

 

このセルフケアはエクササイズに近いと思います。

でも、全然キツくないですからね、安心してください。

 

骨盤の中にある骨盤底筋群を使えるようにしていきます。

骨盤が歪んでいる人は骨盤底筋群が使えていない人が非常に多いです。

骨盤底筋群が使えないと、骨盤が広がってきちゃうんですよね。

骨盤を締めるためにも、このセルフケア最後に頑張っていきましょう。

 

それではやり方を説明します。

仰向けで寝てください。

 

仰向けで寝たら、足は肩幅、膝を90度に立てます。

腕はダランと脱力します。

これがセットの体勢です。

 

あとは骨盤を天井方向に持ち上げて、下ろす、

この動きを10回繰り返すだけです。

でも、これもポイントがあります。

 

骨盤を持ち上げたときに、お尻を締めるようにキュッと力を入れてください。

これポイントです。

下ろすときは力を抜いて大丈夫です。

 

お尻を締める時に骨盤底筋群が働きます。

なので、しっかりお尻を締めてくださいね。

それでは一緒にやっていきましょう。

足を肩幅にして、膝を立てます。

準備はいいですか?

10回行きますよ。

行きます。

1、、、

2、、、

3、、、

4、、、

5、、、

6、、、

7、、、

8、、、

9、、、

10、、、

はい、OKです。

以上が骨盤リフトになります。

アフターチェック

はい、セルフケアが終わったらもう一度チェックをします。

まずは足の長さを比べてみましょう。

最初のチェックで足の長さが違っていたのが、

揃っている、もしくは、差が縮まっていればOKです。

 

次に仰向けで寝て、左右に体を捻りましょう。

倒しやすくなっていたり、左右差がなくなっていればOKです。

最後に膝を胸に近づけてみましょう。

これも太ももが上げやすくなっていたり、膝が胸に近づくようになっていればOKです。

今日のまとめ

はい、お疲れ様でした。

今日は「自分でできる骨盤矯正」を紹介しました。

普段、患者さんを見ていて思うんですけど、骨盤が歪んでいる人、結構多いです。

 

骨盤が整うことで、

・全身の血流が改善されて元気になります

・腰痛やお尻の痛みの解消します

・見た目の姿勢がキレイになります

こんな嬉しいメリットがたくさんあります。

ぜひ、継続して骨盤矯正を実践してください。

 

はい、それでは今日はここまでになります。

今日紹介したセルフケアは動画でも紹介しています。

動画を見ながら一緒に実践した方がやりやすいと思います。

ぜひ動画もチェックしてください(._.)

おすすめの記事