こんにちは。関野です。

今回のブログでは【背中のハリが改善する菱形筋のケア方法】を解説します。

 

菱形筋をケアすることで、、、

・首こり、肩こりや背中の痛みが改善

・肩甲骨が動くようになる

・肩の可動域が拡大するのでパフォーマンスアップ

このようなメリットがあります。

 

ブログを最後まで見ることで、、、

・菱形筋のケア方法

・菱形筋の知識

を学ぶことができます。

 

ぜひ、最後までご覧ください。

それでは、早速始めていきましょう。

菱形筋の解剖的メカニズム

まず、菱形筋のことを知ってもらいたいと思います。

「菱形筋」って聞いたことありますか!?

菱形筋はどこにあるのかと言うと、、、、

首の下、背中からはじまり肩甲骨に付いている筋肉です。

肩甲骨と背骨の間の筋肉と言えば分かりやすいですかね。

大菱形筋、小菱形筋と2つに分けられますが、働きは同じなので一緒に解説します。

菱形筋の起始停止

もっと細かく解説します。

菱形筋は

起始:C6~T4の棘突起

停止:肩甲骨の内側縁

に付着しています。

何言っているか分からない方は途中の動画をご覧ください。

解剖図を使って解説しています。

菱形筋の作用

では、どんな働きがあるかと言うと、、、

肩甲骨の挙上、内転、下方回旋

があります。

 

主に肩甲骨を動かす筋肉になります。

菱形筋が硬くなるとどうなるの!?

菱形筋が不具合を起こすとどうなるのかと言うと、、、

※ここでの不具合は筋肉の緊張、短縮だと思ってください。

 

分かりやすいのは、背中の痛みです。

背骨と肩甲骨の間が「痛い」「重い」「だるい」と訴える方は菱形筋が関係しているケースが多いです。

 

肩甲骨の動きに関与する筋肉なので、不具合を起こすと肩甲骨の動きが悪くなります。

肩が動かしにくくなるので、パフォーマンスの低下、ひどいと日常生活にも支障が出てしまいます。

 

また、立った時の姿勢で極端に胸を張っている姿勢の人、、、

菱形筋の短縮が考えられますので、

この後の菱形筋のケア方法をぜひ実践してください。

菱形筋のケア方法

今回は菱形筋のケア方法は

「菱形筋のストレッチ」

を動画で解説しました。

※詳しく知りたい方は動画をご覧くださいね↓↓

いかがでしたか?

反対側と比べても肩甲骨が動かしやすくなったと思います。

背中が辛い方はぜひ実践していただきたいと思います。

まとめ

繰り返しになりますが、菱形筋をケアすることで、

・首こり、肩こりや背中の痛みが改善

・肩甲骨が動くようになる

・肩の可動域が拡大するのでパフォーマンスアップ

このようなメリットがあります。

 

ぜひ、継続して行ってください。

 

今回のブログは以上になります。

ではでは、また次回。

 

PS.

YuuTubeで健康や美容情報を配信しています。

ぜひぜひ、こちらもご覧ください。

チャンネル登録お願いします!!

↓↓↓

YouTube整体師 関野チャンネル

 

おすすめの記事